一度死んでみた






父親のことが大嫌いで、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、売れないデスメタルバンドのボーカルをしている。
ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤 真一)への不満をシャウトするのが日常だった。
そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。
実は計が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。
ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…! 大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡(吉沢 亮)とともに、父を救うため立ち上がることに!
火葬までのタイムリミットは2日間。はたして七瀬は無事、父を生き返らせることができるのか!?










ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイター募集