ランカスター・スカイ 対ベルリン戦略爆撃






1944年春。ナチス・ドイツ軍による本土上陸を阻止するため、英国空軍RAFの爆撃機軍団が活躍。しかしブレーメンを飛行中、夜間部隊の奇襲に遭い指揮官のアルフが死亡してしまう。数日後、失意に暮れる者たちを横目に新たな指揮官、元スピットファイアのパイロットで大尉のダグラスが着任した。爆撃作戦が遅延する状況に焦りを感じるダグラスとは対照的に、毎夜バーで飲み明かす下士官たち。両者の埋まらない関係性に仲介役のジョージは、「死ぬ運命にある彼らへの理解も必要だ」とダグラスに促し、次第と仲間に心を開いていくダグラス。そして遂に、決行の時がやってきたー。











ブログランキング・にほんブログ村へ


アフィリエイター募集


ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログ更新しました!